勤務先に在籍確認の連絡をしないカードローン会社を選ぼう

在籍確認の電話を同僚が受けるのは抵抗がある

今まで一度でもクレジットカードやカードローンに申し込んだ人であれば、「在籍確認」という言葉を聞いたことがあるでしょう。これは、申込書に書かれた勤務先に、本当に申込者がいるのかを電話で確認するというものです。貸金業者からすれば、債務者が返済を滞らせた場合の連絡先をおさえることができますし、収入があるということもわかるので在籍確認は融資をする上で非常に大事なプロセスといえます。
ただ、在籍確認をされたくないのでカードローンを申し込みたくないという人も中にはいるでしょう。というのは、在籍確認の電話というのは個人名でかけてくるとはいえ、雰囲気的になんとなく貸金業者からの連絡だなと伝わるものだからです。会社の同僚に、「カードローンを申し込んだんだな」とばれることはあまりいい気持ちがしないでしょう。

ポジティブな信用情報があれば在籍確認されないことも

では在籍確認をされたくない人はカードローンへの申し込みを諦めるしかないのでしょうか。実はその必要はありません。業者の中には在籍確認を行わないところも存在するからです。なぜ、在籍確認を省いてお金を貸す業者が存在するのかというと、信用情報会社のデータを見れば勤務先の情報が嘘か誠か、だいたいわかるからです。
たとえば、既にクレジットカードを持っていて滞りなく返済しているという人の場合、きちんと返済できているということは安定した収入があるという推測が成り立ちます。そういった人がカードローンに申し込んだ場合、わざわざ勤務先に嘘の情報を書くことはないだろうと判断できるため、在籍確認をせずに審査を通すのです。ただ、在籍確認をしないこともあり得る業者というのはあくまでも少数なので、ネット上の口コミなどを頼りに探すしかありません。