申し込み時に借入金の限度額を低く設定する必要性

カードローンの利用で必要となるのは信用

カードローンで即日融資を受けたい、審査に通る可能性を少しでも高めたいという場合は、希望限度額を低めに書いておくことがおすすめです。契約後の借入や返済は、限度額の範囲で行っていくことになります。限度額が多ければ、それだけ自由に使うことができるお金が増えることになるため、希望限度額は多めに書いておきたいという人は少なくありません。しかし、年収や使い道に見合わない金額を記載すれば、業者が不信感を抱く原因となります。担保や保証人が必要ないカードローンのサービスを利用するために必要となるのが、信用です。返済ができないのではないかと不信感を抱かせることがあれば、審査落ちをする原因となってしまいます。それだけに、希望限度額は低めに設定しておくほうが良いでしょう。

実際に希望限度額はいくらに設定すれば良いか

即日融資を受けたい時に記載したい希望限度額の目安が、10万円です。人によっては大金と感じることもある10万円という金額ですが、カードローンでの10万円は少額融資にあたる金額です。年収30万円の人が総量規制の上限となる10万円の限度額を希望する場合は、審査に通らない可能性もあります。しかし、フルタイムでしっかりと働いている人が10万円の限度額を希望した場合は、余程の問題がない限り希望通りの即日融資を期待することができるでしょう。10万円以上の金額が必要な場合は、使い道と合致する金額を書いておくと良いでしょう。年収の1/3を超えない範囲の希望額であれば、そのまま限度額として設定されることは珍しくありません。ただ、50万円以上を希望する場合は収入証明書類が必要となるだけでなく、審査も厳しくなる可能性があると考えておくことがおすすめです。