カードローンで即日融資してもらえる条件とは?!

申込当日に勤務先の在籍確認が取れることが前提

消費者金融のカードローンに申し込んだ後、安定・継続した返済資金源となる勤務実態を確認する目的で、勤務先に在籍確認の電話が入る場合があります。勤務先が営業していれば、申込者本人が不在でも外勤・休暇中などの返答をもって在籍確認が成立します。しかし、勤務先が営業時間外や休業日の場合は電話への応答がないため、在籍確認は翌営業日まで持ち越しです。したがって、即日融資を受けるためには勤務先が営業している時間帯に在籍確認が完了することが前提となります。 社会保険証や数か月分の給与明細書を持っていることを条件に、在籍確認の電話を省略に応じてくれるケースもあるため、職場への電話に抵抗がある場合は事前に相談してみるとよいでしょう。

ローンカード発行前でも、振込やカードレス取引で即日融資可能

契約手続きが完了後、最寄りの自動契約機でローンカードを受け取ればATM経由で融資を受けられます。ただ、先客がいる場合はカード受け取りまで時間がかかり、特に夜間では営業時間内にカードを受け取れるか不安になるかもしれません。

ローンカード発行前でも指定口座宛への振込融資を受けることができますが、消費者金融ごとに当日振込の対象銀行や締切時刻が異なります。ネットバンキング経由で支払先に直接送金できるメリットはありますが、契約当日の振込融資を希望する際は、午前中の早い時間に申し込むのがおすすめです。また、スマホアプリを介してATMを操作するカードレス取引を導入している消費者金融では、営業終了間際に契約手続きが完了した場合でも、コンビニATMを利用すれば即日融資が実現します。