カードローンを契約していることが家族にバレる要因

郵便物に気を付けよう

カードローン契約が家族にバレる要因はいくつかあります。金遣いが荒くなり生活が派手になったのを怪しまれてバレるケースは、厳しい言い方をさせてもらうと自業自得です。ただ、最も多い要因はカードローン会社から送付された郵便物を見られることです。郵便物が発生する理由には、「カードローン審査に通り、カードが送られてきた」、「カードローン会社との契約書が送られてきた」、「カードの利用明細書が送られてきた」、「利用限度額の上限額が増額されたことを知らせる手紙が送られてきた」、「カードローンの返済が滞ったため、督促状が送られてきた」といった複数のパターンがあります。郵便物の送付を防ぐためには、予め手を打っておく必要があります。

郵便物の送付を防ぐ方法

カードと契約書は、「自動契約機で受け取ることができるカードローン」か「カードレスタイプで契約書をダウンロードすることができるカードローン」を選ぶことで郵便物を無くすことができます。どちらのタイプに当てはまらなくても、申込時にカードと契約書を店頭で受け取ることを伝えておき、店頭で受け取ることによって郵送物の発生を防ぐことができます。利用明細書は、「Web明細を利用できるカードローン」を選びましょう。最近では、紙明細にするかWeb明細にするか選択できるカードローンが増えています。利用限度額の増額通知は申込時に届かないように申し入れておくことができますので、忘れないようにしましょう。督促状については、郵送を防ぐことは不可能です。日頃から滞納が発生しないように気を付けましょう。